あなたのダブテールソーの5つの実用

ダブテイルジョイント

交際

パネルソーとして

切手

仕上げ作業

ダブテール鋸は、バックソーファミリーの一部であり(これはまた、ハンドグループのサブセットでもあります)、かつてはキャビネットメーカーが家具に細かいダブテールジョイントを作成するために使用されていました。 Dovetailのこぎりの長さは一般に8〜10インチで、特に細かい歯(約14〜17インチ)があります。ブレードは狭く堅く、上部に金属で補強されています。彼らはもともと3つの異なる種類のハンドルを、閉じた、開いた、回転させたデザインで提供しました。彼らは実際には少し短くても、簡単にバックソーと混同することができます。彼らは特定の目的のために作られましたが、ダブテールの鋸は、いくつかの異なるタスクのために使用することができます。

ダブテール鋸はダブテールジョイントを切断するように作られており、これは主に使用されています。ダブテールジョイントにバックソーを使用することはまだ可能ですが、本物のダブテールソーはより正確でより正確なカットを提供します。これは、正しく見えるようにしなければならない家具を作る際に重要です。

Dovetailのこぎりは、7/8インチの裁断された木材を切断するときに最高の状態で動作します。これは、他のタイプの木材でもうまく機能しますが、細かい家具には理想的です。

マイターソーは、ダブテールソーよりも1インチあたりの歯数が少なく、より粗くなる傾向があります。それにもかかわらず、ダブテール鋸は、切断すべき木材が深くない限り、切断が正確で滑らかである必要があるマイター作業に依然として使用することができる。ドブテイルのこぎりは、マイターボックスと一緒に使用することができ、非常に細かいカットを提供します。これは、後でエッジの最小限のサンディングだけを必要とすることを意味します。

パネルソーは、切断およびリッピング技術を用いて、服装した調味料ストックに使用される傾向がある。あなたがこのタイプの木材を十分に小さなもので扱っているならば、ダブテールソーをパネルソーの代わりに使用することができ、基本的な切断技術を使用するのに最適です。ダブテール鋸は木材に理想的な仕上げを提供します。なぜなら、1インチあたりの歯数が滑らかで細かい切り込みを与え、後で研磨する必要がほとんどないからです。

ダブテール鋸は、ほとんどのタイプのジョイント作業に使用でき、ダブテールジョイントに限定されません。特定のテノンソーがありますが、ほとんどのツールキットで共通の特徴ではありません。ダブテールの鋸でも同様に仕事をすることができます。多くの意味で、ダブテール鋸は、実際にはこのタイプの仕事のための自然な選択となるほうろうのより小さいバージョンです。

多くの鋸は、リッピング作業に理想的なものにするために、1インチあたりの歯数が比較的少ないため、より正確な切断にはダブテール鋸が最適です。あなたがより穀物を持っている高品質の木材で作業している場合、良いカットを保証する唯一の方法は、細かい刃を使用することです。

ここでも、木材の厚さに大きく依存しますが、家具作業では、ダブテール鋸は、このような大きな厚さで作業しないため、問題を提示すべきではありません。ダブテールが仕上げ作業のための最初の選択肢を常に見た場合、後でエッジをはじく必要がなくなります。