オートバイのマフラーを溶接するための5つのヒント

あなたの材料を組み立てる

オートバイを安全にする

マフラーを清掃する

マフラーの整列と安定化

あなたのマフラーを守る

いくつかの修理を行うか、または主要な文体の変更を行うために探しているかどうか、最終的にあなたのオートバイのマフラーにいくつかの溶接を行う可能性があります。あなたはこのタイプのプロジェクトに着手する前に、それは非常に危険なことがあり、溶接を扱う経験が豊富な誰かによって試行されるべきであることに注意してください。サイクリングに使用できるマフラーは2種類ありますが、このチュートリアルでは最も基本的なマフラーについて扱っています。あなたがしているすべての仕事から良い溶接を得るためのヒントとテクニックを学びましょう。

多くの人々は、初めにあなたの道具や材料のすべてをチェックすることがいかに重要であるかを認識していません。この1つの簡単なステップを実行すると、欠落しているラインに問題がないことを保証するのに役立ちます。これは、いくつかの仕事が適時に行われる必要があるため、将来を思い出すためのものです。すべてが整えられて準備が整ったら、準備ができていることを確認します。

オートバイが確実に固定されていることを確認する必要があります。オートバイが不安定な場合は、溶接プロセス中に落下し、自転車に損傷を与え、怪我をする可能性があります。これはまた、あなたが安定した素晴らしい仕事をすることができることを保証します。最善の選択肢は、ブランケットや防水布の上に自動二輪車を横に置くことです。これにより、サイクルのスクラッチが防止されます。

マフラーや溶接される排気部を清掃することが重要です。これらの部分がきれいでない場合、溶接部が適切に保持されず、本質的に自分自身を傷つける恐れがあります。すべてのサビをサンドペーパーで必ず除去してください。

オリジナルのマフラーの上に溶接しようとしている新しいマフラーをスライドさせます。これにより、安全な溶着が得られるようになります。ピースをしっかりと固定するために少しオーバーラップします。誰かにあなたを助けさせるか、マフラーをサポートするために使うことができるものを見つけてください。最初の溶接のために保持する必要があります。これが終わったら、ピースの周りを歩き、ピース同士を溶接して、確実に溶接されていることを確認します。どんな種類のミスアライメントの問題も防ぐために、作品を最初から並べておくことが重要です。

あなたがあなたの溶接を終え、安全であり、行く準備ができてうれしいなら、あなたはその作品に少しの保護を加えるべきです。あなたの好みに応じて、クリアまたはカラーのスプレー塗料のいずれかを使用することで、マフラーと溶接した部分をコートすることができます。これにより、錆の発生を防ぐことができます。