ガレージドアの設置を開始する前に知っておくべき7つの部分

トーションスプリング

ケーブルドラム

ベアリングプレート

リフトブラケット

ローラー

トップローラーキャリア

ヒンジ

ガレージドアの設置のようなプロジェクトを始める前に、どのパーツが適切に機能しているガレージドアを正確に構成しているかを知ることは良いことです。部品の目的と機能を知ることは、設置プロセスの助けとなるだけでなく、修理の際にユニット全体をよりよく理解することができます。

ガレージのドアを上下に引っ張る力です。

ガレージドアの両端にトーションスプリングが通る油付きスプロケット。

ガレージドアの張りを上下に安定させるために、ケーブルドラムが適合する丈夫な金属片。

ガレージドアが上下に走る両側のトラックのように成形された溝付きの金属シート。

リフトブラケットのトラックに収まるガレージドアに接続された小さな車輪。これにより、開閉時にドアがスムーズに機能するようになります。

より多くの重量を持っている各側の一番上のローラー。これは一連のローラーへのガイドローラーです。

ドアが曲がる必要があるすべてのセクションに配置されています。一般に、各セクションに水平に5つ、垂直に4つがあります。