コンクリートシーラントを有する膜を追加する

ステップ1 – 使用するシーラントの種類を決定する

ステップ2 – コンクリート表面を準備する

ステップ3 – コンクリートシーラントを適用する

ステップ4 – コンクリートを汚す

コンクリートシーラントは、液体がコンクリートに浸透するのを防ぐように設計された製品であり、その内部の鉄鋼を保護するだけでなく、一種の審美的な向上をもたらします。コンクリートが適切に染色されたとき、審美的効果も改善することができる。コンクリートシーラントでコーティングすることができる多くの異なるコンクリート構造があります:これらには、舗装道路、床およびパティオが含まれます。コンクリートシーラントは、コンクリート構造物に余分な膜を加えて、水、腐食性物質、油および他の液体の損傷効果からコンクリート構造物を保護する。被覆されたコンクリートは、非被覆コンクリートより長く続きます。これは、製品のシーリング効果がコンクリート構造物にアンチエイジング効果をもたらすからです。ここに、コンクリートシーラントを用いた膜の追加に関するガイドがあります。

コンクリートシーラントには、エポキシ、ウレタン、アクリルのいろいろなタイプがあります。アクリルは非可燃性で危険性がないため、考慮すべきより良い選択です。この種のシーラントは、水が膜を貫通しないようにする。しかし、それはコンクリート上でより硬い膜を形成するので、エポキシを好む人もいます。このタイプのシーラントを使用するときは、コンクリートが完全に乾いていることを確認してください。そうしないと、内部に閉じ込められた水分が問題になります。エポキシは閉じ込められた水分を容易に逃がさないためです。すべてのタイプの中で最もコスト効果が低いのはウレタンです。シーラントはダメージに対して最も効果的な仕上げを提供しますが、コンクリートとの接着性は良くないため、エポキシ仕上げ後に使用することを推奨します。加えて、製品の再塗布は、特にコンクリート表面の広い領域で非常に高価である。使用するタイプを選択する際は賢明な決断を下します。

コンクリートの表面をきれいに掃除し、乾燥させてから、コンクリートのシーラントを塗ってください。石鹸とウォーターホースの使用を検討してください。ホースは特に広い領域での洗浄を容易にします。

ペイントローラーまたはスプレーボトルを使用して、コンクリート表面にコンクリートシーラントを塗布します。ペイントローラーはより良い仕上がりを提供しませんが、広い表面積を扱う際には使用するのに適しています。しかし、それはより細かいコーティングを生成するため、スプレーボトルの使用に払う。コンクリートを均一にコートし、表面をコーティングしないでください。コーティングされていない領域では水が浸透する可能性があります。トラップされた水分は、特にエポキシシーラントを使用しているときは、除去するのが困難です。使用されるシーラントのタイプに応じて、コーティングを約1〜7日間乾燥させる。製造元から提供された情報をチェックしてください。必要に応じて2番目のコーティングを施します。

染色またはペイントは、コーティングされたコンクリートに美しさを加えるが、この工程は任意である。

化学物質を扱うときは、常に手、目、肌に保護カバーを施してください。