ゴム製のマレットで6種類の材料が最適

1.石

2.レンガ

3.タイル

ラミネートフローリング

5.乾式壁

6.自動車

マレットを使用しないとき

誰もがツールボックスにゴム製の槌を必要とします。あなたは頻繁にそれを使用することはできませんが、通常のハンマーに比べて必要な時は間違いありません。あなたは、打ち砕かれたり、粉砕されたり、壊れたりする可能性のある材料に使用するために、マレットを用意する必要があります。このような場合にハンマーの金属は硬すぎることが多いですが、ゴム製のマレットは材料に害を与えるべきではありません。

モルタルや砂の上に石を敷くときは、その石を平らにするためにその石をタップする必要があります。あなたのレベルを使用し、ゴムの木槌で石をタップします。ゴム製のマレットの頭部はハンマーよりも大きいので、より効率的に仕事をします。また、柔らかいので、石を切ったり割ったりしません。

レンガとゴムのマレットを使用すると、石と同じ効果が得られます。あなたは、モルタルや砂の上に置かれていても、何らかの損傷や欠損を起こさずにレンガを所定の位置にタップすることができます。レンガを所定の位置に置くには、ゴム製のマレットのタップを数回だけ必要とします。マレットの力はハンマーの力よりも小さいので、レンガをあまり押しすぎたり、壊したりする危険はありません。

タイルは非常に脆く、簡単に粉砕することができます。タイルを使って作業しているときにゴム製のマレットを使用する必要があるのはこのためです。タレットをマレットで所定の位置に置くことができます。より大きな、より柔らかいヘッドは、打撃の力が広い領域に広がることを意味し、タイルの破損や割れのリスクを最小限に抑えます。タイルでは、あなたは特に優しくする必要があるので、タップするときには非常に軽くマレットを使用する必要があります。

人々は一般的にラミネートフローリングを脆いと考えていませんが、実際はそうです。また、通常のハンマーを使用するときに注意が払われていないと、凹みが非常に簡単です。ラミネートフローリングで作業するときの最善の戦略は、ゴム製のマレットを使用することです。あなたは破損することなく各部分をタップすることができるだけでなく、物を押し下げる必要がある場合、床の表面にくぼみを入れずに、マレットがそれを行うことができます。

あなたがフィット感があまりにもタイトな乾いた壁の2つの部分がある場合は、非常に優しくフィット感を少し良くするためにゴムのマレットを使用することができます。通常のハンマーからの打撃と同じように、乾式壁には打ち込まれません。

また、乾式壁では、壁の上でスタッドを見つけるために、壁に響きを取るために非常に慎重にゴムのマレットを使用することができます。あなたがハンマーでこれを試したら、壁に穴や穴をあけるでしょう。

ゴム製のマレットの低反発性により、車体作業に適しています。それは、車の外板に取り組んでいるときに重要な凹みのリスクを軽減します。

通常はハンマーを使用するときはゴム製の槌を使用しないでください。例えば、爪のハンマーでは機能しません。