サンドペーパーの6つの一般的な用途

1.絵画のための木材の準備

2.グラウト汚れの除去

3.研磨金属

4.いくつかの材料を粗くする

5.アクセサリーの強化

6.アートワークを作るために

サンドペーパーは、建設現場や家具のワークショップでよく使用される研磨材です。あなたは、木材、金属、プラスチック、またはガラスの表面にこすったいくつかの歯を持つ飛行機としてそれを想像することができます。その機能と種類は、サンドペーパーが持つ1平方インチあたりの「歯」またはグリットの数に依存します。 1平方インチ当たりの歯または砂の量は粗い砂砂を意味するが、多くの歯または1平方インチあたりの多くの砂は細かい砂だ。

サンドペーパーはとても役に立ち、実際には私たち自身の家庭にも必要です。ここには、砂の一般的な用途があります

私たちが展示している木製のテーブルと椅子がどれほど滑らかであるか気づいたことはありますか?それは木片によって木片や穀物を取り除くために平滑化されているからです。

細かいサンドペーパーを使用して、塗料を塗布する前に表面を滑らかにする。これにより、塗料はきれいで清潔な表面に付着しやすくなります。あなたがこれを行うときに塗料の多くも無駄になります。さらに、サンドペーパーは、よりエレガントで滑らかで柔らかい外観を実現するために塗料を研磨することができます。

それらのタイルの間のグラウト汚れ、特に床やバスルームの汚れをきれいにするのに疲れましたか?サンドペーパーはグラウト汚れを取り除くために使用でき、その部分を穏やかに滑らかにします。多くの洗剤や化学薬品が長時間に及ぶことができない数分でサンドペーパーができることには、必ず感銘を受けたでしょう。

木材や塗料とは別に、紙やすりは金属表面を研磨することもできます。これの実用的な使用は、酸化鉄が金属全体に浸透してそれを完全に損傷することができないように、錆びた表面を有する金属を平滑にすることである。また、針の荒い部分や庭のテーブルや椅子の錆びた部分を磨き、新しい外観のためにそれらを再塗装することもできます。

粗いまたは粗いサンドペーパーを使用して靴底を荒らして、滑りや旅行をしないようにすることができます。滑らかなソールを荒いサンドペーパーで擦ることで、歩く床や敷地との接触を良くすることができます。

この同じ原理は、ダイニングまたはリビングルームの椅子またはテーブルの脚の下にあるゴムまたはプラスチック材料に使用することができる。それらが所定の場所に保持されることを保証するために、粗いサンドペーパーで少し粗くすることができます。

細かいサンドペーパーや粗いサンドペーパーを使用して、ファッションアクセサリー、特に木材、プラスチック、さらには金属で作られたアクセサリーを強化することができます。サンドペーパは、美的魅力をさらに高めるために、丸いエッジをより明確に区別することができます。

サンドペーパはまた、アートワークを作る上で非常に重要であることが判明しています。ミックス・メディア・アートに参加しているアーティストが一般的に使用することがあります。シンプルなサンドペーパーは、必要に応じて作品にテクスチャを加えたり、木などの非常に強い素材に柔らかさを加えてコントラストを作り出したりすることができます。