ディテールサンダーの使用に関する5つのヒント

ヒント#1:新しく組み立てられた家具で作業する

ヒント#2:遅い方が良い

ヒント#3:仕上げ製品

ヒント#4:圧力をかけないでください

ヒント#5:スピードを変える

ディテールサンダーは、コーナーサンダーとも呼ばれ、あなたのワークショップに保管できる最も有用なツールの1つです。

ディテールサンダーの最も一般的な用途の1つは、家具の再仕上げです。新しく組み立てられた家具には、ほとんどのサンダーが手が届かない華やかなエリアがあるかもしれません。ディテールサンダーに付随する三角形のパッドを使用して、届きにくい場所にアクセスします。そのサイズのために、材料の完全性を損なうことなく、微細な表面を生成することができる。

ディテールサンダーを使用するとゆっくりと作業します。サンダーは、特にデリケートなアイテムや工芸品プロジェクトで作業する場合、表面から最小限の材料を取り除くように設計されています。素材と工具にストレスがかかるため、作業中の木材には大きな力をかけないでください。

ディテールサンダーについての素晴らしい点は、それらのために購入できる添付ファイルの数です。例えばバフ磨きパッドは、あなたの木目の不必要な線を心配することなく、素晴らしい仕上がりを提供します。ディテールサンダーは、金属製の仕上げ品としても人気があります。

ディテールサンダーは便利なツールですが、過度の力を発揮しません。彼らのモーターは、極端な、重い圧力のためのものではありません – あなたの時間を取ると実行するためにサンダーを強制しないでください。

ディテールサンダーに関するもう1つの大きな特長は、プロジェクトに取り組んでいるときに覚えておかなければならないことですが、仕事に応じてスピードを変えることができます。振動速度を変更することで、サンダーの応力の大きさや、特定のプロジェクトで除去される材料の量を増減できます。

ほとんどのディテールサンダーにはさまざまな種類のアタッチメントがありますが、サンディングにはまったく使用されないものもあります。サンダーは慣習的に振動するので、グラウトやモールディングを切断するのにも最適なツールとして知られています。ソフト・オシレーション・テクニックを使用する場合、このツールは非常に安全であり、硬質材料でもカットする能力があります。