トランポリンの建設中に心に留めておく5つの安全上のヒント

1 – 軌道ベースの傷害

2 – 複数のジャンパー

3 – スプリングス

4 – 地上クリアランス

5 – 建設

トランポリンはあなたの財産に追加できる最も安全な施設の一つではありません。住宅所有者は、まだ無限の楽しみのために彼らのヤードにトランポリンをインストールするのが好きです。全体的な安全性といくつかの追加の安全保護へのいくつかの良い注意は、裏庭のトランポリンからの怪我の可能性を軽減するのに役立ちます。これには、トランポリンでもっとも差し迫っている危険を知ることが含まれます。最も一般的な種類の踏み損のリスクと怪我があります。

トランポリンを設置している人は、さまざまな種類の飛び方がどのようにジャンパーを危険にさらすことができるかを理解していなければなりません。場合によっては、トランポリンのスペースが不十分な場合、個人が脱落して四肢を痛めたり、怪我をすることがあります。大きなバウンスを許可し、それに応じて計画することを考えてください。

トランポリンのもう1つの大きな危険は、2人のジャンパーが中空またはトランポリンの近くで衝突する場合です。これは、途中で怪我をする可能性があります。これに対処する1つの方法は、飛び降りについての厳しい規則を課し、旅行を一度に1人に制限することです。ジャンパーは、この種のけがを心配している場合にも保護装備を着用することができます。

トランポリンのスプリングとの接触は、けがをする可能性があります。ジャンパーがトランポリンの表面を激しく動かしている間に、スプリングは急速に伸縮しています。トランポリンを設置している住宅所有者は、この一般的なトランポリンの傷害の可能性を最小限に抑えるために、泉へのアクセスを制限しようとする可能性があります。

別の一般的なトランポリンの傷害は、地上のクリアランスが不十分であるときに、地上の人々がトランポリンのバーに走るところです。トランポリンの硬い棒が接触傷害を引き起こす可能性があります。これを組み合わせて、多くのトランポリンは、健康な幼児を収容することができるものよりわずかに少ないクリアランスを持っています。トランポリンの側面に向かい合っている若い家族から生じる頭部外傷の数を確認できます。親は、トランポリンエリアや地面のクリアランスに十分な障壁を置いて、この種の怪我を防ぐことができます。

剛性の低いトランポリンは壊れて、他の種類の怪我を引き起こす可能性があります。あなたが購入するトランポリンが良質であることを確認し、すべてのボルトが十分に締め付けられていることを確認して、トランポリンに負担をかけると、トランポリンに負担がかからず、それを使って。

これらのトランポリンの危険性の大部分は、独自の潜在的な解決策を持っています。これらの設備の1つをあなたの裏庭または他の居住空間に設置するときは、それぞれについて考えることが良い考えです。屋内でさえ、トランポリンは危険性が非常に高く、屋内設置の場合、弁護士が弁護士に無断でアクセスすることで、招かれていない客が自分自身を傷つけても責任を負う可能性のあるものの1つです。住宅所有者は、この危険の一部に対処するために、特定のライダーを自宅の保険契約書に書き込むことができますが、総合的に、トランポリンは通販カタログからあなたに突き当たったときに最も配慮が必要なレクリエーションアイテムの1つです。