ベルトサンダーを使用する利点

使いやすさ

望ましくない表面残留物の除去

ファーストアクション

幅広い用途

ソフトメタルに適しています

ベルトサンダーは、木材、金属、またはプラスチックのような材料を平滑にするためにサンドペーパーベルトを使用する電気装置である。ベルトサンダーは、固定式または携帯式のどちらでもかまいません。モーターとサンドペーパーベルトを巻き取る2つのドラムで構成されています。ベルトサンダーを使用することにはいくつかの利点があり、そのうちのいくつかを以下に説明する。

ベルトサンダーは使いやすく、素早く材料に仕上げることができます。適切に使用すると、最小限の労力で形状と滑らかな表面を提供できます。ベルトサンダーを使用する場合は、デバイスをまっすぐに保持し、傾斜を避け、最小の圧力を使用することが重要です。これらのデバイスは非常に攻撃的であるため、常に制御を維持することが重要です。ベルトサンダーは、手作業で多くの時間を要する作業を容易に達成できるため、多くの大工にとって不可欠です。

場合によっては、表面に不要な残渣や塗料があることがあります。望ましくない残留物を除去するためにベルトサンダーを使用することは、望ましくない材料を均一に除去するだけでなく、表面の仕上げを維持する。

ベルトサンダーは非常に積極的で、表面から多くの材料をほとんど除去できます。人々は通常、大量の材料を短時間で除去する必要のあるサンディングの初期段階に使用します。

品種

ベルトサンダーは手持ち式でも固定式でもかまいません。手持ち式サンダーは、通常、砂場の床または非可動面に使用されます。固定式サンダーは作業台に取り付けられ、ベンダーサンダーとして知られています。ベンチサンダーは、サンダーに近づけることができる材料を砂にするために使用されます。いくつかのタイプのベルトサンダーにはさまざまなオプションがあります。細かいサンディングのために、細かいグリットサンドペーパーを選ぶことができます。全体の操作が荒い場合は、粗いサンドペーパーを選択します。ベルトサンダーの出力レベルは、所望の結果を達成するように調節することができる。ワイドベルトサンダーは、広い領域の粗いサンディングのために広いサンディングベルトを使用する大きな装置です。

ベルトサンダーは、床仕上げ、木工、および金属に仕上げを施す際に使用されます。これらは、バリの除去や角の平滑化など、時間のかかるプロジェクトに使用されます。ベルトサンダーを使用して、表面から塗料を取り除き、古くなった家具を再建し、改装し、木材から汚れを取り除くことができます。これらのデバイスを使用して角を滑らかにし、家具の丸いエッジを得ることもできます。ベルトサンダーには通常、サンディングの過程で発生した粉塵を回収するためのバッグが付いており、作業エリアを清潔に保ちます。

柔らかい金属を砂にする必要があるとき、ベルトサンダーは、従来のペデスタルグラインダーのように詰まらないので効果的に使用できます。