ロークラッチフルードの6症状

1.シフトギア時の振動

2.ギヤスリッパ

3.ギヤシフトの低迷

4.車両の旋回

5.クラッチペダルのスプリング動作の喪失

6.研削騒音

一般にトランスミッションオイルまたはブレークオイルと呼ばれるクラッチフルードは、車両エンジンが機能するために必要な重要な液体の1つです。流体レベルは、車両の使用中に時間の経過とともに減少するので、必要に応じてクラッチ・リザーバ内でそれを上に上げる必要がある。しかし、クラッチ・リザーバの漏れはまた、レベルの低下をもたらす。スレーブシリンダまたはマスタシリンダのいずれかでリークが発生する可能性が高くなり、放置すると液量が少なくなると車両に重大な損傷を与える可能性があります。リザーバーにディップスティックを挿入することでレベルを確認できますが、運転中は不十分な液体の兆候が明白になります。以下は低トランスミッションオイルの6つの兆候です。

すべてがあなたの車のエンジンにうまくいけば、シフトギアは比較的滑らかなプロセスでなければなりません。ギアチェンジ中の吃音やその他の抵抗は、トランスミッション液量の低下の兆候である可能性が最も高いです。不十分な流体油は効率的にシフトするのを困難にするので、いつでも流体レベルを上げることが最善です。さもなければ、特定の機能を実行する機械部品の圧力が大きくなり、車両の摩耗や裂傷の増加につながります。

トランスミッション・フルードは、すべてのギヤ選択時に力の適切な伝達を可能にします。流体が低い場合、滑らかなギアシフトに必要な油圧力は存在しない。その結果、クラッチペダルの踏み点で頻繁にギアスリップが発生します。どんなギアが選択されても、トランスミッションは作動しなくなり、車は中立位置に一見固着したままになります。

適切なクラッチ流体は迅速なシフトも可能にする。変速機流体が低速である場合、低速または低速のギアシフトが標準である。これは、面倒な経験をもたらします。

液体レベルが低いと、駆動時に車両が前後に倒れることがあります。不十分な流体は、車両運転中に不規則な伝達運動を引き起こし、滑らかで容易な運動を達成することが不可能となる。

適切なクラッチオイルを使用すると、効率的かつ正確にクラッチペダルを操作できます。ペダルは解放されたときに速やかに定位置に戻るべきであるが、不十分なトランスミッション流体はペダルの通常の動きを妨げる。ペダルがエンドポイントに届かない場合や、ペダルが最も遠くに達する前に止まってしまうことがあります。

トランスミッション液が不足すると、クラッチペダルが操作されたときに粉砕音が発生することがあります。不十分な潤滑は、クラッチ機構が機能するにつれて歪む。時には異常な騒音は、単にエンジンオイルを補充する必要があることを示しているので、異常な音に注意するとすぐに液量を確認することをお勧めします。チェックを外したまま放置すると、簡単に深刻な損傷とより高価な修理につながる可能性があります。