圧着用プライヤーを使用するときの安全上の注意

1.安定した表面での作業

2.暗い場所や不透明な場所での作業を避ける

3.子供たちを職場から遠ざける

4.安全眼鏡と手袋を着用する

5.意図した用途にのみクリンピングプライヤーを使用する

6.より重い仕事には大きなプライヤーを使用する

7.閉じた場所でクリンピングプライヤーを維持する

圧着ペンチは、宝石製作、ボトルやバイアルの密封、金属製のタグや印象の作成に広く使用されているツールです。これらのハンドヘルドツールは、作業が完了した後、物体のしっかりとしたグリップを与え、表面に圧痕を残します。これらは非常に基本的でシンプルなツールですが、圧着ペンチを使用する場合は、いくつかの安全上の注意に従わなければなりません。

作業を開始する前に、作業エリアをすばやく調べて、旅行や墜落の障害がないことを確認することが重要です。あなたが手持ちの道具を持っていると、落下からの差し迫った危険が大幅に増加します。作業を開始する前に作業エリアをクリアして、近くの人にも作業中であることを知らせるようにして、注意散漫や干渉から解放することができます。

また、怪我の可能性を最小限に抑えるため、明るい場所で作業することも同様に重要です。矯正レンズが必要な場合は、作業中に着用してください。あなたがすぐに道具を使って作業しなければならない場合、昏睡状態になる薬を服用しないようにしてください。また、アルコール消費を避けて、安定性と良好な調整を保証します。

子供は、鋭利で重い道具や道具を持った作業場から離れてください。彼ら自身が危険にさらされていることに加えて、子供もまた気晴らしの原因となり、事故の可能性が高まります。

破片から目を守るために、圧着ペンチを使用して作業するときは、常に良質の安全眼鏡を着用してください。あなたの手の傷、こすれ、カルスを防ぐための手袋を着用してください。

圧着ペンチを使用してネジやボルトを回さないでください。レンチやドライバーの代わりに使用しないでください。圧着端部またはハンドルを使用して硬い面を打つことは避けてください。工具が損傷したり、けがの原因となります。いかなる状況においても、損傷した工具を使用しないでください。ハンドルにひびが入っている場合は、再度使用する前にツールを修理または交換してください。

クリンピングプライヤーを使用するときはいつでも、適切なサイズになっていることを確認してください。大きくても硬くても硬いものやワイヤーには小さなペンチを使用することで、工具に永久的な損傷を与えることがあります。より大きなオブジェクトに使用したり、より優れた制御をしたい場合は、ツールを変更しないでください。代わりに、使用するツールのサイズを変更してください。

圧着ペンチを雨、雪、過度の熱から保護します。これにより、工具の錆や変形などの問題を防ぐことができます。付属の説明書に従って圧着ペンチを維持し、しばらくの間油を塗って潤滑性と使いやすさを高めてください。