寸法木材の6つの最良用途

1.壁のフレーミング

屋外キャノピーとスツール

3.床材および天井

4.ハードウッドフロア

5.壁パネル

6.家具およびキャビネット

寸法木材、または寸法木材は、常に所定のサイズで提供されるので、あなたが寸法木材を購入している場合は、それを使用するプロジェクトがすでに決定されているはずです。また、寸法材は常に特定のサイズになるので、それぞれのサイズに適したプロジェクトにのみ使用できます。それぞれの特定のサイズは、特定の用途に適しています。ここには、最も一般的なサイズとそのそれぞれの用途のうちの6つがあります。

プロジェクトの建築および改造に最も一般的に使用されるサイズは、2×4寸法の木材です。このサイズは、通常、部屋や家屋のフレーミングに使用されます。木材は、壁やキャビネットのフレームに使用され、天井を固定するために使用することもできます。フレームを作るために使用することができる別のサイズは、1×2寸法の木材である。ウォールボードを釘付けするには、6×6または4×4のスタッドが使用される。

6×6または4×4のディメンションボードは、建物および改造の釘打ち作業のほとんどのスタッドとして使用されます。ただし、小さなテーブルの脚や上端を構築するために使用することもできます。これらの小さなテーブルはフットスツールとして、またはキャノピーを屋外に置くために使用できます。他の用途には、メールボックスのマウントを作成したり、ラティスワークを保持するためのフレームを作成することが含まれます。

床や天井には、6 x 12または8 x 12のボードが使用されます。床の梁がすでに設置されている場合、これらは頑丈な表面を作ることができます。ヘビーデューティ分野では、フレームとブラケットを作るために、より小さい4×4または6×6を使用する必要があります。天井を支えるのに役立つコーナーに金属ブラケットを使用することもできます。金属フレームは腐食しないので、天井に適切な支持を与える。

規則的な床とは別に、寸法木材はまた、多くの家屋で硬材床材として使用されています。しかし、ハードウッドフロアのために寸法木材を使用する予定がある場合は、容易に入手できないため特別な注文を受ける必要があります。多くの人々は、より自然な感じを与えるために彼らの硬材の床のために木材を処理する代わりに、粗い木材を購入するのが好きです。

寸法木材は、木材パネル用に広く使用されている。インストールするパネルの種類に応じて、幅の広い板のサイズと狭い板のサイズの両方を使用できます。床と同様に、6 x 12または8 x 12の大きさの板が壁パネルを作るために使用されます。厚板が広い程、壁に与える仕上がりが良くなります。

寸法木材は家具やキャビネットのさまざまな種類を作るために使用することができます。大型のキャビネットやドレッサーの大部分は、寸法の大きい材木の板を使用しています。あなたが望む家具のサイズに応じて、規定された寸法の木材のサイズを得ることができます。キャビネットに装飾用のモールディングやミラー、メガネを追加すると、より完成した外観にすることができます。また、外観をさらに向上させるために家具を研磨または塗装することもできます。