悪いクラッチマスターシリンダーの7つの兆候

1.ソフトペダル

2.シフトするのは難しい

3.ペダルが床に張り付いている

低流体

5.貯水池の液体上昇

6.騒々しいエンゲージメント

7.シリンダーのオイル

クラッチマスターシリンダは、手動変速機を備えたあらゆる自動車の一部である。それはクラッチのための油圧を提供する。ギアをシフトしたりクラッチペダルを踏んだりするときに何か変わったことを感じたり聞いたりするようになったら、マスターシリンダーに問題があるかもしれないので注意してください。あなたが悪いクラッチマスターシリンダを持っているなら、あなたはおそらくこれらの症状のいくつかを見るでしょう。これらの症状は、トランスミッション内の他の問題の結果である可能性もありますが、マスターシリンダーの問題が疑われる場合は、それを探すのがよいでしょう。

「柔らかい」ペダルは、ペダルが通常の抵抗を失ったことを足で感じることができるときです。これは、マスタシリンダまたはスレーブシリンダのリークが原因である可能性があります。漏れは、シールに問題がある可能性があります。

ギヤをシフトさせることが困難な場合、これはマスタシリンダが故障しているという兆候です。クラッチを適切に押し下げることができないときは、ギヤを交換するのが難しい場合があります。

クラッチペダルがフロアから持ち上げられない場合、クラッチへの油圧はまったく機能しません。おそらくマスターシリンダーが消えてしまい、すぐに交換する必要があります。この状態で車を運転することはできません。

トランスミッション液が少なく、通常よりも頻繁にリフィルしなければならない場合は、おそらくリークがあります。この漏れはマスタシリンダから発生している可能性があります。それはまた、伝送システムのどこでも亀裂または穴である可能性がある。トランスミッションのすべての部品は、問題を特定するために漏れがないかどうか検査する必要があります。

あなたが悪いマスターシリンダーを持っているなら、あなたは助手の助けを借りて次のテストをすることができます。アシスタントがクラッチを押し下げて、クラッチがダウンしたときにリザーバ内のトランスミッション液が上昇しているかどうかを確認し、クラッチが解放されたときに再び上昇するかどうかを見てください。もしそうなら、あなたのマスターシリンダーを交換する必要があります。

あなたがブレーキをオンにしている車の中で、車がギアに入っている場合は、クラッチペダルを踏んだままに大きな音が聞こえることがあります。この原因は、マスタシリンダが漏れており、ペダルを踏んだときにリリースフォークを保持しないことが原因である可能性があります。

問題が何であるかまだ分かっていない場合は、ボンネットの下を見て、マスターシリンダーそのものを調べます。シリンダーの底が濡れて油が溜まっていると感じたら、おそらくマスターシリンダーからの漏れです。

故障しているクラッチマスターシリンダは、クラッチが機能するのに必要な油圧を維持するために動力を失う。シリンダーの修理をすると、トランスミッション全体が損傷するのを防ぎますので、すぐに修理してください。