調節可能なルーフブラケットを取り付けるための5つのヒント

ヒント1:屋根の検査

ヒント2:ツールの準備

ヒント3:ブラケットボードの標準測定

ヒント4:ブラケットの固定に適切な衝撃と圧力を使用する

ヒント5:各屋根ブラケット間の間隔

屋根ブラケットは、通常、1階建ての屋根材であり、特に斜めの屋根に使用されます。フィッティングの容易さと多目的用途は、これらの人気商品を購入しました。調整可能なルーフブラケットには、調整不可能なルーフブラケットを取り付ける際に同様の注意が必要です。ただし、幅を6〜10インチ変更することで、より快適で快適に授与されます。

このプロジェクトの最も基本的な部分は斜めの屋根を徹底的に点検することです。異なる屋根は、屋根ブラケットの向きと必要な測定値が異なる必要があります。屋根の頑丈なタイルを調べることも重要な要素です。

ルーフブラケットを取り付けるには、ある程度の専門家の助けが必要です。タスクには以前使用していないツールが必要です。しかし、それらの適切なリストは、あなたが建設材料の店に旅行するときにあなたを助けることができます。あなたは多くの専門の売り手から屋根括弧を購入することができます。専門のルーフブラケット売り手は、通常、揚げ棒、ハンマー、釘、板金、はしごなどのセット全体を取り出すことができる場所です。あなたは慎重に爪を選択する必要があります。初心者の方は、屋根やはしごの傾斜を何とかコントロールする必要があります。爪に関しては、16ペニーの爪と12ペニーの爪のような両方の品種を購入することができます。

少量の木材への投資の誘惑を避けるのに十分なものでなければなりません。効果的には、板厚が薄くなったり、板厚が狭すぎたりします。どちらもユーザーの脅威であり、致命的になる可能性があります。はしごを持っているときは1階建ての屋根に乗るのは簡単ですが、厚板の幅が2フィート以下の場合は安定した状態を保つのが難しい場合があります。屋根に使用される厚板の標準的な長さは6フィートです。

右の爪を選択することは、あなたのタイル張りの屋根の上に作成したいグリップの量に依存します。しかし、タイルが頑丈であることに注意して、それらがクランパの下で壊れないようにしなければならない。

ルーフブラケットを設置し、厚板を置くことは500ドルほどの高価になる可能性があります。したがって、屋根ブラケット間の間隔は非常に重要であり、測定テープの使用と正確な測定が必要です。調整可能なビットを考慮せずに、標準幅に応じて間隔測定を行います。

また、屋根ブラケッティングは100ドルの低コストで行うことができます。特に適切なツールに投資する場合は特に注意してください。これらのツールに手を置くには、屋根のブラケットの必要性を素朴に判断する必要があります。これらのヒントに従って、調節可能な屋根ブラケットを簡単に設置できます。