赤外線レーザー温度計を使用する場合の8つの安全上のヒント

1 – 常時オンにする

2 – 測定後にトリガーまたはボタンを放す

3 – 目からレーザービームを遠ざける

4 – 反射面の周りに注意してください

5 – 爆発性ガスのない地域での温度計の使用

6 – 温度計が医療目的で使用可能かどうかの確認

7 – 子供の周りに慎重に

8 – 安全ゴーグルを着用する

赤外線レーザー温度計は、レーザービームを指してその近くにある物体の温度を測定することができる装置です。赤外線レーザー温度計は、非常に正確で有用なデバイスであり、多くの異なる分野で用途が見出されています。レーザービームが関与しているので、使用中は非常に慎重であることが重要です。赤外線レーザー温度計を安全に使用するには、以下のヒントに従ってください。

レーザービームを不要な場所に置かないようにするには、温度計を使用していないときは常にカバーを閉じたままにしておきます。測定前にカバーを開けるときは、非常に注意してください。測定が終わるとすぐに、カバーを元に戻し、涼しく乾燥した場所に温度計を保管してください。湿気、ほこりおよび過熱から温度計を保護して、正しく機能するようにしてください。

すべての赤外線レーザー温度計には、操作を開始するために押す必要のあるボタンまたはトリガーがあります。測定終了後、ボタンまたはトリガーを放してください。これを行わないと、バッテリの寿命が短くなり、レーザービームが人や測定を必要としない他の物体に当たる可能性があります。

レーザービームは、何らかの方法で悪用されると危険です。目を指すと、重度の傷害または失明さえ引き起こす可能性があります。赤外線レーザー温度計を使用して、目に当たらないか、近くにいる人の目に当たらないように注意してください。

レーザービームがミラーなどの反射面に当たった場合、レーザービームは反射して、あなたまたは近くの他の人に当たる可能性があります。このため、反射面の近くで装置を使用するときには、適切な計画と配置が重要です。幼児はそのような設定から遠ざけてください。

レーザービームが爆発性ガスや可燃性の表面に当たると、爆発の原因となります。火気や爆発を避けるために、可燃性の液体やガスの近くで装置を使用しないでください。

いくつかの赤外線レーザー温度計は、非生物物体や表面にのみ使用するためのものです。このような温度計を体温測定に使用しないでください。赤外線レーザー温度計を使用する前に、使用説明書をよく読んで、医療用に適切かどうか確認してください。

子供の周りに赤外線レーザー温度計を使用するときは、非常に慎重でなければなりません。時には、体温を測定するなど、子供の近くでこれらのデバイスの1つを使用する必要がある場合があります。子供たちはまだ守って、レーザーが目に入らないようにしてください。

安全のために、赤外線レーザー温度計を使用している場合は、厚い安全ゴーグルを着用してください。可能であれば、すぐ近くにいるすべての人にも着用させてください。