金属対木のサンドペーパーのガイド

バッキング材

助言

メタルのサンドペーパーの使用

木材にサンドペーパーを使用する

サンドペーパーは、木材や金属などさまざまな素材に使用できます。これは、古い塗料などの材料の表面にある不完全な部分をこすり落としたり、端や平らな面を滑らかにするために使用されます。あなたがそれを必要とする材料とあなたがそれを必要とする仕事のタイプに応じて、多くのサイズやグリットがあります。使用可能なグリットは、非常に粗いもの(粗い金属材料の錆を除去するために一般的に使用される)から非常に細かいものまで(ワニスのような繊細な材料の仕上げのためにより頻繁に使用される)工業用サンドペーパーははるかに高価であり、産業界に合ったより良い素材で作られているため、自宅の職場で使用される商業用サンドペーパーについては、明らかに言及しています。最近のサンドペーパーは、シート、ディスク、ベルトなどの様々な形状で見つけることができます。特定の電動工具は、独自の特殊形状を使用するためです。

サンドペーパーのバッキング材には、普通紙、防水紙、布の3種類があります。通常の用紙は、他のタイプの裏材に比べて比較的安価であり、電動工具ではなく手で使用するために製造されています。名前で宣言されているように、防水紙は耐水性があり、潤滑剤を使用しているときに使用します。布ベースの素材は、作業に一定の柔軟性が必要な場合に使用されます。

サンドペーパーを使用するときは、サンディングブロックを使用することをお勧めします。あなたが大きなグリップを得るためにサンドペーパーの周りを包むことができるように、サンディングブロックは通常、より厳しい仕事に使用されます。また、仕上げの仕上げを完了するために手を簡単に操作して難しい領域に達することができるので、細かいサンドペーパで手を頻繁に使用する必要があります。

金属材料にサンドペーパーを使用する場合は、金属表面に特化して設計されているため、閉じたコーティングのサンドペーパを使用することをお勧めします。しかし、クローズドコートされたサンドペーパーの欠点の1つは、ほこりが非常に簡単に詰まることです。

酸化アルミニウムサンドペーパーまたは炭化ケイ素サンドペーパーのいずれかを使用できます。前者は後者より長持ちする傾向がありますが、炭化ケイ素をベースにしたサンドペーパーはより硬い材料を切断するのに適しているため、何があっても仕事を処理することができます。

木製の表面を研磨する前に、欠陥がないか慎重に確認し、荒い斑点や平面の跡を取り除いてください。後者は非常に重要です。なぜなら、不完全なものは荒い木材では非常に心配していないように見えるかもしれません。木材が完成すると、不完全さはかなり注意の中心になるからです。

異なるタイプの木材は異なる種類のサンドペーパーを必要とする。できるだけ滑らかにすることが木材の研磨の目的です。小さいエッジや小さな領域では、電動工具ではなく手を使う方が良いです。また、最良の結果を得るには、常に穀物の方向に砂を覚えることを忘れないでください。