5フロアサンダータイプ

1.ヘビーデューティーサンダーズ

2.スムージングサンダー

3.エッジサンダース

4.ベルトサンダー

5.サンダー真空

安全性

適切なフロアサンダーを確保するためには、これらの5種類の説明とその使用方法をお読みください。ほとんどのサンダーは、非常に高価で通常は1回だけ使用されるため、レンタルする必要があります。レンタル店はどこからでも見つかることができ、仕事を正しく行うために必要なすべての資料を提供することができます。

ドラムサンダーは嵩張った大型サンダーです。これらはあなたの最も頑丈な仕事のためのものです。彼らはあなたが持っている床に取り組むことができます。その過程で多くの床を剥がすことになるので注意してください。これらのタイプのサンダーは、1つの用途しか持たず非常に高価であるため、レンタルに適しています。すべての場所がこれらの大きなサンダーを運ぶわけではありません。どこからでもサンダーを借りて、実際にはサンダーを運ぶようにしてください。

振動サンダーは、ドラムサンダーのようなものを使用した後、木材を滑らかにします。振動サンダーは、前述のドラムサンダーより軽くて管理が容易です。これらのサンダーは単に床を横切って滑り、あなたの木に脅威を与えません。これらはツールヤードで簡単に見つけることができ、あなたの木材を滑らかな仕上がりにするのに役立ちます。

エッジサンダーが明らかにあなたの木のエッジを処理します。他のサンダーと手が届きにくい場所に移動するには、これであなたの仕事が完了します。エッジサンダーはドラムサンダーよりもはるかに小さく、持ち運びに便利です。エッジサンダースにはダストバッグが付いている傾向があります。これらのサンダーは小さいものの、多くの力を提供し、仕事を完了させます。

ベルトサンダーは電気で、研磨剤である回転ブラシがその上にあります。これらのタイプのサンダーは、丸い面で最も効果的です。彼らは、これらの領域を整え、砂で平らにすることができます。

サンダーマシンがかなり混乱を招くことは秘密ではありません。ほとんどの場合、ほこりのほとんどを捕まえることができるバッグがありますが、ほこりは依然として非常に簡単にあなたの家に大きな混乱を引き起こします。サンダーの真空は、それを砂で磨いた後に床を磨くだけでなく、残っている塵をすべて取り除くのに役立ちます。サンディングは困難な仕事になることができますし、一度クリーンアップする必要が終了したら少しの痛みがあります。これができるだけスムーズになるようにするには、仕事に適したツールを持つことが重要です。

安全性は、サンディングに関しては非常に貴重です。安全装置が必要です。目にゴミや木材が付着しないように、ゴーグルを常に着用してください。また、肘パッドと手袋を必ず着用してください。

新しいサンダーを購入しようとしていますか?サンダーズバイヤーガイドをご覧ください。