6地下室の断熱のヒント

ローカルコードを確認する

気候の調整

タイトな場所を保温するためのファイバーグラスバッティング

異なる種類と密度の絶縁材を使用する

リセッティングされた照明と断熱の互換性

適切な保護服を着用する

地下室の壁が熱損失の最大25%を占めていることを考慮すると、地下室の断熱がいかに重要であるかが分かります。あなたの地下室がレクリエーション室に変わるか、または貯蔵のために使用されるかに関わらず、生活空間全体を快適でエネルギー効率にするために適切に断熱されていることが非常に重要です。あなたの地下室があなたの家から熱を吸わないようにするのに役立つヒントをいくつか紹介します。

あなたの地下の断熱材を計画し購入する前に、地元の家のインスペクタまたは建物のコードオフィスに問い合わせて、地下の断熱材を設置するための特別な材料や技術が必要かどうかを判断してください。コードによっては、火災安全のために地下室の断熱材を壁で覆う必要があります。必要な絶縁の種類について正しい情報を得るための法律を決定します。

寒い地下の地下室を断熱している場合は、加熱された側または断熱材の中に蒸気バリアを設置してください。あなたが暖かい気候に暮らしている場合、そうすることは必要ではないかもしれませんが、いくつかの地域では、外面に蒸気障壁を使用することが示唆されるかもしれません。あなたのプロジェクトを始める前に、水蒸気バリアに関する義務と勧告については、地方自治体のコードを確認してください。

地下室に露出した梁は断熱する必要があります。壁と床が遭遇する場所にこれらの穴を埋めるためにファイバーグラスの断熱材を使用してください。ここにファイティンググラスをぴったりと置きますが、それをしっかりと包んで圧縮しないでください。グラスファイバーで作業する場合は、フェイスマスク、手袋、長袖の保護服を着用してください。

外壁や大聖堂の天井など、より冷たい空気や熱い空気が入る場所では、より高い密度の断熱材を使用してください。すべて4種類の断熱材があり、それらはすべて様々な密度で利用可能です

それに応じて計画し、異なるタイプと密度を使用して地下室の断熱材を完成させてください。

凹型の照明器具によって、大量の熱が失われる可能性があります。火災の危険を避けるために、断熱材を推奨間隔で配置するように十分注意してください。照明との接触に適した絶縁材は、断熱材と直接接触するためのICとマークされます。

地下室の断熱材を設置する際に、保護服の着用に関するすべての製造業者と製品の警告に従うように十分注意してください。

これらのヒントを使用して地下に断熱材を計画して設置すると、家で快適に過ごせるだけでなく、時間とお金のわずかな投資で大きなコスト削減を体験できます。