6本の金属切削工具

1.レーザー

2.パンチングまたはダイカット

3.コールドソー

4. Hack Saw

5.トーチ

6.はさみ

金属を切断しようとするときは、適切な金属切削工具を使用することが不可欠です。

金属を切断するために使用される6つのツールを見つけるには、以下の情報をご覧ください。

レーザーは、板金を切断する際にはおそらく最も強力なツールです。この板金の厚さは、レーザ出力に依存する。いくつかのレーザーは18ゲージの金属だけを切断することができますが、一部のレーザーは入手可能な最も厚いシートメタルを切断することができます。

産業用レーザーは非常に高輝度の光線を生成し、作業中の金属を切断します。

パンチングとも呼ばれるダイカットは、クッキーカッターのように機能します。それは、パンチとダイの2つの別個の部品を有する工具である。このツールを使用すると、2つの部分が一緒に押し付けられて、指定された形状に金属を切断する力を作り出します。

ダイカットは、箔シートを含む金属シート上で良好に機能する。それは、厚い金属を切断するのに十分強力なものを探しているなら、使用するツールではありません。

コールドソーは非常に低速で動作する円形のソーです。低速では、切断されたときに金属が冷えてしまいます。コールドソーの刃も切れたときに滑らかな端を残します。このため、鋼管を使用するプロジェクトではコールドソーが一般的に使用されています。

ハックソーはおそらく金属を切断する際に使用される最も一般的なツールです。ハックソーは、非常に薄いブレードを使用して金属パイプを切断します。このツールは非常に近くに間隔を置いて配置された小さな歯を持つ金属の最も薄い部分を切断し、より厚い金属をより離れた大きな歯で切断するので非常に便利です。

トーチは、非常に高い温度を使用してメタルを切断し、メタルが得点から離れて溶融するように使用されます。ごくわずかな鋸線を作り、トーチを使って金属を高温に加熱して、金属があなたが作成した線で壊れるようにします。

さまざまな金属切削にトーチが使用されています。彫刻はトーチを使用する最も一般的なプロジェクトです。それは12インチまでの金属を扱うことができます。

剪断機は、電子剪断機と手動剪断機との2つの形態がある。手動剪断は、薄い板金を切断する必要がある場合に使用され、通常は18ゲージ以下が手動剪断で最も効果的です。金属が少し厚いときには、電子剪断が使用されます。

シェアは基本的にははさみの大きなペアです。彼らは、トップブレードとボトムブレードを含んでいます。人間の力または電源のいずれかによって圧力が加えられると、ブレードが遭遇し、金属がバックルして、ブレードがその領域を切断する。

上記の情報を参考にして、購入するツールを決定してください。あなたのプロジェクトや探しているものによっては、上記のツールのどれかが素晴らしいものです。

あなたのプロジェクトに幸運をもたらし、安全を確保してください。