6本質的に変性されたアルコール安全性のヒント

安全上のヒント1 – 容器に適切なラベルを貼る

安全のヒント2 – 安全な場所に保管する

安全上のヒントNo 3 – 高温から離れる

安全上のヒント4 – 可燃性物質とのアルコール接触を避ける

安全のためのヒント5 – 家庭での飲み物のアルコールの準備

安全上のヒント6 – 適切に処分する

変性アルコールは、毒性または非摂取性にするために製造されたアルコール混合物である。溶液にはエチルアルコールとメタノールという化学物質が含まれています。メタノールは摂取すると危険なアルコールの一種です。この溶液を摂取すると、失明や嘔吐を引き起こすことがある。通常、混合物は紫色に着色されているため、摂取していないアルコールとして識別することができます。変性したアルコールの有害な影響から保護するために、ここにいくつかの安全上のヒントがあります。

変性アルコールは、飲用アルコール飲料または安全な擦りアルコールと誤認されることがあります。他の人が摂取したり、皮膚に接触しないようにするには、容器に適切なラベルを貼ってください。時には、容器の変性アルコールを書くことは、溶媒の化学組成および性質について知識のない人にとって誤解を招く可能性がある。ヒントとして、頭蓋骨の上に頭蓋骨の警告シンボルを描き、すべてが有毒であることを皆に思い出させる。

子供の手の届かないところに保管してください。子供がアクセスできないハイシェルフまたはキャビネットは、保管するのに最適な場所です。子供は、彼らが見るもので遊ぶことを好む、非常に好奇心が強い人です。すべての費用をかけて子供を守り、この目的のために家には棚ができていることを確認してください。

変性アルコールはアルコールバーナーで燃料として広く使用されている。コンロや熱源の火の熱から涼しい乾燥した場所に溶液を保管してください。アルコールは非常に可燃性の物質であるため、適切な取り扱いが必要です。燃焼炉または煙突バーナーに絶対に投げないでください。

アルコール容器は、木材、布、紙、衣類などの可燃性物質には置かないでください。可燃性の高い物質が無人のまま放置されるため、通常、火災の災害が発生します。可燃性物質をアルコールまたは他の可燃性液体で処理すると、火災の危険性がさらに高くなります。

時には、絶望的なアルコール依存症は、彼らのアルコール依存症を消す方法と手段を見つけます。アルコール依存者は、アルコール渇望を満たすために代理アルコールとして変性アルコールを使用することができる。変性アルコールの摂取のための解毒剤と応急処置は、飲用アルコールを消費しています。摂取可能なアルコール消費は、危険な化学物質の代謝を遅らせるか、遅くするので、被害者が専門的な助けを求めるのに多くの時間を要する。

変性アルコールを処分するときは、容器内のアルコールの痕跡を完全に根絶してから廃棄してください。必要に応じて最初に水で容器を洗浄する。