7旋盤安全に関するヒント

1 – 安全保護具を着用する

2 – 安全な環境で作業する

3 – 安全にチャックを使用する

4 – 操作前にすべての部品を点検する

5 – 火災の危険を防ぐ

6 – 旋盤を正しく作動させる

7 – 作業材料を安全に取り扱う

旋盤は、木材、金属またはガラスなどの材料をツールで切断または成形して保持したり、回転させたりするツールです。旋盤は、機械および木工用に広く使用されています。用途の種類に応じて、旋盤は機能が大きく複雑になり、サイズも大きくなります。したがって、旋盤で作業する場合は、必要な安全上の注意事項をすべて守っておくことが重要です。

切削、仕上げ、または平滑化が必要な材料片を回転させるとき、旋盤は非常に高速で回転します。場合によっては、自分を守るために十分な予防措置を講じていないと、鋭い粒子や材料のブロックが飛び散り、あなたを傷つけることがあります。安全ゴーグル、または産業安全要件を満たす顔面マスクを着用する。耳の損傷を防ぐために耳の保護具を着用してください。適切に身につける。工具の可動部分に引っ掛かり、重傷を負う可能性のある宝飾品、リング、長袖、または長い髪を避けてください。足を守る滑り止めブーツを着用してください。

作業エリアに十分な照明があることを常に確認してください。不十分な照明は目を疲れやすくし、事故の可能性を高めます。引っ掛かりの危険がない清潔な作業エリアを維持する。安全キットは常に近くに保管してください。

チャックは、回転要素を適所に保持する旋盤の一部である。すべての使用の前に、チャックキーまたはレンチを使用してチャックを調整して締めてください。チャックを調整した後にチャックキーを取り外すことを忘れないことが重要です。作業場所を離れて作業を開始すると、飛行して重傷を負う可能性があります。

旋盤をオンにする前に、すべての部品をチェックし、どこに損傷や破損がないことを確認する必要があります。チャックが適切な状態になっていることを確認します。ツールを実行する際に作業材料が適切に把持されていることを確認してください。

木材チップ、鋸屑、グリースおよび油の作業領域を清潔に保つ。これらの物質が蓄積すると、事故や火災の危険性が増大する可能性があります。

旋盤をオンにする前に、近くにある器具や物体をすべて取り除いてください。旋盤が差し込まれているか、電源が入っているときは、絶対に放置しないでください。あなたが素材を使って作業しているときは、ゆっくりと徐々に速度を上げてください。詰まって損傷する可能性があるため、絶対に材料を押し込まないでください。怪我や工具の損傷の可能性もあります。ジョブに適した速度レベルでツールを操作します。

マテリアルの作業を開始する前に、完全に検査してください。旋盤に詰まる可能性がある場合は、破損しているか不揃いな作業片を避けてください。旋盤が回転しているときは、ワークピースを調整したり測定したりしないでください。ツールをオフにして、ワークピースがしっかりと固定されていることを確認します。