7電気チェーンソーシャーナーの安全のヒント

使用前にシャープナーを検査する

最初にチェーンを締めなさい

ワークテーブルへのシャープナーの確保

4.電気ショックを防止する

よく点灯した環境での使用

シャープナーから安全な距離を維持する

保護着を使用する

電気チェーンソーの削りは、チェーンソーのメンテナンスに不可欠です。それはブレードが鈍くなるたびにチェーンソーを鋭くすることができます。あなたが木材をスライスするために多くの努力を払わなければならないことがわかったら、通常はチェーンソーを磨く時が来ます。あなたのチェーンソーを最大限に活用したい場合、シャープナーは重要な機能です。あなたのツールのレパートリーに細工があれば、専門家があなたに請求する金額を節約することができます。シャープナーを使うのは難しくありません。しかし、いくつかの安全上のヒントが役立ちます。

シャープナーをシャープにする前に、シャープナーに異常がないかチェックすることをお勧めします。破損した部品に気づいた場合は、先に進める前に修理または交換しておくことが最善です。可動部品のアライメントを確認してください。 「オン」スイッチと「オフ」スイッチが正しく機能することを確認してください。

シャープにする前にチェーンを締めることが最善です。シャープにするとチェーンが確実に固定されます。あなたがファイルを作成するときにチェーンが動き回ると、簡単に手を切ることができます。チェーンを締める前に、チェーンソーがオフになっていて、コンセントからプラグが抜かれていることを確認してください。

シャープナーは作業台にしっかりと固定する必要があります。これにより、効率的かつ安全にシャープにすることができます。また、スリップや事故を防ぐのに役立ちます。保護されていないシャープナーは、足に簡単に落ちてけがをする可能性があります。偶発的な落下もツールに損傷を与えます。

湿った環境や湿った環境では使用しないでください。感電の危険があります。感電の可能性をさらに減らすためには、身体に触れないようにする必要があります。例としては、冷蔵庫のエンクロージャ、パイプ、ラジエータなどがあります。作業現場に可燃性のガスや液体がないことを確認してください。これにより、偶発的な火災の可能性が防止されます。

明るい環境でシャープにするのが最善です。これにより、より効果的かつ正確にシャープにするのに役立ちます。事故を防ぐのに役立つため、高い視認性も不可欠です。

稼動中は機械に触れないでください。オーバーリーチすると、ジャムや重大な切断の可能性が高くなります。仕事の中でバランスを維持することが重要です。適切な足場は、あなたの個人的安全を向上させます。

ゴーグルやフェイスマスクを着用して、目や衣服をほこりから守りましょう。可能なカットから手を保護するために、重い作業用手袋を着用してください。チェーンソーをシャープにすると、高いレベルのノイズが発生します。マフラーは耳を害から守ります。ゆったりとした服や宝飾品は避けてください。これらは簡単に機械に入り込み、紙詰まりの原因となります。このような事故はまた、身体への傷害の可能性を高める。長い髪は背中を押さえて顔から遠ざけるべきです。