8つの一般的なUSB vgaアダプタの問題

1.一般的なドライバの問題

2.一般的なビデオカードの問題

3.主な表示の問題

4. DVDの再生に関する問題

5. Windows Media Playerの問題

低リフレッシュレートの設定

7.画面解像度の問題

8.接続の問題

USB VGAアダプタを初めて接続しようとすると、いくつかの重大な問題が発生する可能性があります。次に、USB VGAアダプタをハードウェア設定にインストールする際によく報告される主な問題のいくつかを示します。

通常、コンピュータに接続されている各種類のデバイスには、それぞれ独自のドライバが必要です。ドライバは、コンピュータがアクセサリとその意図された用途を認識するのを助けるソフトウェア部品である。 USB VGA接続のための適切なドライバがなければ、企業は家庭用または商用のハードウェア設定で製品が正常に動作することを保証することはできません。

VGAまたはビデオグラフィックアレイ画面に出力するには、コンピュータにある種のビデオカードの容量が必要です。正しい出力を提供するビデオカードのないコンピュータは、USB VGA接続をうまく利用することができません。

一部のモニタや画面、またはその他のハードウェアには、USB VGA出力がプライマリディスプレイにならないようにするソフトウェアコンポーネントが含まれています。これは、ユーザーがこの種のアダプターを使用するための正しい表示設定を見つけなければならない場合、不満を引き起こす可能性があります。

いくつかの種類のDVDプレーヤー技術も、あらゆる種類のビデオ接続では機能しません。これは、USB接続を使用してVGA信号にVGA信号をルーティングするためのUSB VGAアダプタを取り付ける消費者が直面する別の問題となり得る。

Windows Media Playerでビデオファイル用に適切なコーデックを使用していることを確認するだけでなく、特定の種類のビデオ出力と互換性のないいくつかのWindowsメディアプレーヤー設定が存在する可能性があります。 Windows Media Playerで問題が発生した場合は、別のビデオプレーヤーを試して問題が切り分けることができるかどうか確認してください。

ビデオ画像を更新するためのリフレッシュレートは、VGA出力に対応するには低すぎるように設定することができます。既存の画像に視覚的な問題が発生した場合は、リフレッシュレートが低いことが原因である可能性があります。低いリフレッシュレート設定の問題を修復するための特定の情報をコンピュータのマニュアルで探します。

ビデオ画面やモニタには、VGA信号を出力するのに十分な画面解像度があることが重要です。モニターをUSB VGAコネクターまたはアダプターを使用してハードウェアシステムに追加する場合は、モニターの解像度を確認してください。

USB VGAアダプタのトラブルシューティングでは、すべてが正しく接続されているかどうかを確認するだけです。問題が発生した場合は、間違ったプラグインに関連していないことを確認するために、迅速な二重チェックを行います。これがあなたのUSB to VGAグラフィックまたはビデオ出力に当てはまる場合は、あなたの家庭または商用ワイヤレスネットワークを見たいと思うでしょう。

上記の問題と問題は、購入者がUSB VGAアダプタをインストールしたときに発生する可能性があります。ユニバーサルシリアルバス接続を使用して古いVGAテクノロジを使用すると、部品やデバイスに互換性がない場合には不便です。これは、ハードウェアのディスプレイ容量をアップグレードしようとする人にとっては、より厄介な仕事の1つになります。問題が発生した場合、直接的な技術サポートを提供する企業から購入することができます。