9インパクトレンチを使用するときに覚えておくべき安全上の注意事項

事前に準備する

必要な安全アクセサリを着用してください

正しいアクセサリーを使用する

インパクトレンチと付属品が損傷していないか調べる

作業エリアを知る

インパクトレンチを正しく作動させる

使用していないときはインパクトレンチのプラグを抜く

ツールとアクセサリを保護する

事故防止

インパクトレンチは、高いトルクまたは回転力を発生させる工具です。インパクトレンチは手動で操作できます。これらのツールの自動バージョンには、電気式、油圧式、エア制御式のインパクトレンチが含まれます。いくつかのインパクトレンチはコードレスであり、車両のタイヤ交換に使いやすいものです。すべての工具と同様に、インパクトレンチには安全ガイドラインがあり、安全ガイドラインが安全に使用できます。

インパクトレンチを使用する前に、取扱説明書をよくお読みください。すべての要件と指定された警告を理解してください。毛髪、宝飾品、衣服を流していない状態で適切に着用してください。

インパクトレンチで作業を開始する前に、作業環境を分析してください。ほこりの多い場合は、自分を守るためにマスクまたは顔面マスクを着用してください。あなたの作業エリアには、旅行やバランスの崩れや落ちる可能性がある混乱や物体がないようにしてください。厚手のジャケット、手袋、安全ゴーグルを着用してください。

インパクトレンチは、ソケットやドリルビットなどのアクセサリを使用する必要があります。付属品を使用する前に、インパクトレンチとの互換性があることを確認してください。そうでない場合、部品は衝撃に耐えるには壊れやすく、裂けたり折れたりすることがあります。また、事故やけがの原因となります。

インパクトレンチまたは必要な付属品を使用する前に、亀裂、破損またはその他の損傷の兆候がないか徹底的に調べてください。破損した工具を使用すると、重大な事故につながる可能性があるため、危険です。

電気ケーブル、ガスライン、またはパイプを隠す可能性のある覆われた場所には、絶対にインパクトレンチを使用しないでください。あなたは致命的な被害を受ける可能性があります。作業がやむを得ない場合は、作業を開始する前に、人々を遠ざけるための標識を立てたり、すべての供給ラインを切断するなどの必要な予防措置を取る。

不適切な作業や複雑すぎる作業には、決してインパクトレンチを使用しないでください。事故防止のために工具を使用しないでください。必ず工具を確実に握り、加えられたトルクを制御してください。使用するソケットの使用法、安全に関する指示、推奨トルクを確認してください。

インパクトレンチを使用していない場合は、プラグをコンセントから抜いて、乾燥した密閉された場所に保管してください。インパクトレンチがまだ接続されているときは、ソケットやアクセサリを交換しないでください。誤ってツールがオンになると、重大な傷害を引き起こす可能性があります。

インパクトレンチとソケットは安全な場所に保管してください。過度の日光や雨にさらされないようにしてください。工具やソケットを落としたり破損したりしないように注意して取り扱ってください。

寒さや濡れた状態でインパクトレンチを使用しないでください。致命的な感電の原因となります。高さで作業している場合は、堅固な基盤を持ち、誰もあなたの真下にいないことを確認してください。