mc電気ケーブルの6つの利点

1.薄い壁のクラッドを必要としない

2.必要なツールが少なくて済む

3.異なるバージョン

4.制限の緩和

5.簡単にインストールする

6.シンプルにカット

MC電気ケーブルは、多くの異なる利点を有する非常に一般的なタイプの電気ケーブルである。ワイヤーは非常に強く、ユニークな装甲技術を使用して、ケーブルが壊れたり破損することがないようにします。 MC電気ケーブルの利点について学ぶことで、電気ケーブルの種類が正しいかどうかを判断することができます。ケーブルには数十種類のケーブルがあり、それぞれに長所と短所があります。あなたは、MC電気ケーブルまたはEMT電気コンジットがあなたにとって最良の選択肢であるかどうかについて注意深く考える時間を費やす必要があります。

金属被覆電線の最も優れた特徴の1つは、電線を使用する必要がないという意味で独自の防具を持っているということです。ワイヤは柔軟性があり、切断が非常に簡単ですが、コンジットを使用する必要がないという事実は多くの人にとって歓迎すべき変化です。屈曲導管はあなたが習得しなければならない技能であり、習得するのは非常に複雑なことがあります。 MC電線を使用すると、何か曲げる必要がないため、はるかに簡単です。

コンジットを曲げたり取り付けたりする必要がないため、特別な工具を使用する必要はありません。壁にケーブルを固定するには、かなり標準的なケーブルタイを使用します。また、必要に応じてダクト内に配線することもできます。外装はまた、これらのワイヤとネットワークケーブルまたは電話ケーブルとの間の干渉を低減するのに役立ちます。

さまざまなアプリケーションに適したさまざまなバージョンのMCケーブルがあります。腐食しない金属から作られたMC外装ケーブルがあり、湿気にさらされた場所での使用に適しています。最も一般的なタイプのMCケーブルは、アルミニウム保護シースを備えた銅ケーブルです。

建物のコードでは危険な場所に通常のEMTコンジットを使用することはできませんが、MCケーブルははるかに受け入れられる代替方法と考えられています。ほとんどの場合、EMTケーブルとMCケーブルは同じ意味で使用できます。

EMTはシンプルなプロジェクトでは非常に簡単にインストールできますが、複雑なものは非常に困難です。あなたが同じコントロールパネルから何回も走っているなら、これはたくさんの計画を取るでしょう。一方、MCケーブルはすでに保護機能が付いているので、作業がはるかに簡単です。

EMTや他のタイプのコンジットを取り付けることは、かなり単純であり、通常は弓形で行うことができますが、大規模なプロジェクトではもっと複雑なツールが必要になります。あなたが大規模な配線プロジェクトを行っているならば、バンドソーは歓迎すべきことです。一方、これらの専門の切削工具なしでMCケーブルを使用することができます。