PVCの雨樋に切り替える6つの理由

柔軟性

価格

適合性

インストール

耐久性

金属からPVC雨樋への切り替えを行うことは、いくつかの理由から有利である。利点は、PVC溝が強く、柔軟性があり、安価で、耐久性があり、適応性があり、設置が容易であることである。あなたはもはや曲がった金属溝を扱う必要はありません。彼らはプラスチックで作られているので、すぐにその材料の多くの利点を得る。あなたの家の溝と下穴を取り替える時期が来たら、スズやアルミニウムの代わりにPVCを使用することを強く検討してください。

PVC溝に切り替える最初の理由は強みです。 PVCはモールドされたプラスチックでできています。これは溝が1つの連続した単位で形成されていることを意味します。経時的に腐食する傷や溶接継ぎ目の塗料はありません。溝の形状と大きさでは、プラスチックは金属の代替品よりも強力です。雪、氷、または他の負荷の重さは、PVC溝に及ぼす影響が少なくなります。さらに、はしごはその材料をへこませず、表面の傷は見えません。

PVCを使用するもう一つの理由は、柔軟性です。金属溝と異なり、PVCはわずかに弓形になると形状が失われません。実際には、それは重量で弓を曲げることができるように製造されています。メタル溝は柔軟性がありますが、その形状が歪んでもそのままになります。金属溝の曲げ、窪みおよびねじれの影響は容易に目に見え、目障りになる可能性がある。 PVCを使用すると、これらの問題を回避できます。

あなたの排水溝にPVCを使用することは、金属を設置するよりも安価です。最終的な結果が安く見えることは望ましくありませんが、適切な製品を選ぶと、お手頃な価格ですごいシステムが完成します。あなたは貧しい職人に対処する必要がないようにそれをインストールするために適切な人を雇うことを確認してください。

PVC溝は射出成形プラスチックであるため、その形状と色は家のスタイルに合わせることができます。カスタム注文はおそらくあなたが支払う価格を上昇させるでしょうが、排水溝を家の外面と正確に一致させたい場合、これは利用可能なオプションです。リサイクル材で作られたPVC溝を購入することもできます。このようにして、あなたは優れた製品を使用しながら持続可能な生活の取り決めに貢献しています。

PVC溝は設置が簡単です。 PVCのセクションは非常に軽量で、すばやく一緒にスナップします。適切なツールを使用すると、多額の費用をかけずに自分でできることが仕事です。適切な取り付けとピッチを含む溝の設置にはスキルがありますが、PVCは作業に負担が少ないため、作業が簡単です。

PVCは非常に軽く、柔軟で強固です。降雪量の多い寒冷地での使用に適しています。また、それは耐水性であるため、PVC溝は凍結したり、錆びたり、腐食することはありません。

特に耐候性の高い地域では、耐久性に優れているため、PVCはメタル・グッタよりも優れています。それは金属よりも安価ですが、それはあなたの家の外面仕上げに適応するカスタマイズ可能です。排水溝を取り替える場合は、PVCを実行可能なオプションと考えてください。