torxドライバーの6つのアプリケーション

1 – コンピュータ

2 – ハードディスクドライブ

3 – エレクトロニクス

4 – 自動車

5 – 建設

6 – セキュリティ

スタードライバーとも呼ばれるトルクスドライバーは、非常に特殊なタイプのドライバーで、スクリューヘッドとドライバーのビットの両方が6ポイントスターのパターンを持っています。ビットは、ねじを締めたり緩めたりするために、ねじ頭に正確に適合しなければならない。スクリュードライバーはスクリューヘッドを保持し、スクリューヘッドにも均等に圧力をかけます。これは、ドライバーに一貫したトルクがあることを意味し、ドライバーが「カムアウト」する危険はありません。

コンピュータで多くの作業を行う場合は、Torxドライバを所有する必要があります。コンピュータタワーまたはラップトップ内部のネジの多くはTorxネジです。これはセキュリティ上の理由ではありません。なぜなら、これは本来の目的ではありましたが、多くの人がTorxのドライバーを所有していたからです。これは、均等なトルクで緊密にフィットすることを保証することです。コンピューター内部のスペースが限られているため、コンポーネントの取り付けが正確である必要があり、Torxドライバーがこれを保証します。

コンピュータに密接に関連するハードディスクドライブは、ビデオ録画などのあらゆる種類のデバイスで使用できます。これらはケース内に同梱されていますので、取り外すにはトルクスのドライバーが必要です。これはハードドライブを開ける人だけを防ぎます;ドライバーはもっと一般的ですが、必要がある人だけがそれらを所有します。また、すべてのポイントで均一な圧力を保証します。

DVDプレーヤー、CDプレーヤー、あらゆるタイプの電気部品を見てみると、より繊細な部分にはTorxドライバーが必要です。これは保護の役割を果たし、ドライバーがまったくスリップする可能性があることを意味しますが、一定のトルクは2つのものを結合するときにはるかに優れたシールを作ります。その精度は電子的なものと重大なものになる可能性があるため、トルクスのドライバーの使用は業界で広く普及しています。

滑りにくく、一定のトルクを与えるドライバーは、適切かつ正確な圧力で物を断ち切らなければならない自動車業界にとって理想的です。 Torxのドライバーは、これを非常に迅速かつ一貫して実行することができ、自動車建設の重要な部分になっています。

トルクスのドライバーがより広く使用されるようになったので、それは建設業界で採用されています。これは、設計が、他のタイプのドライバーより長く持続することを意味し、より効率的に機能するためです。これは時間の経過とともに実質的な節約につながります。

セキュリティが問題になる場合、Torxドライバには、ネジを事実上不正行為を防止することよりも変種があります。ネジの中央にポストが1つありますので、通常のトルクスのドライバーでもフィットしません。特別な工具が必要です。自動車のエンジンで使用されるもう1つの変形は、外部のTorxです。この場合、ねじ頭全体は6ポイントの形状をしているので、それを回転させるために特殊なドライバーが必要です。